コンニチハ!

実は最近はあまり聞かれなくなりましたが
工務店ですので、こんなご質問を時々いただきます。

「コミコミ1500万円オール電化住宅の坪単価いくらですか?」


(--)へい!YOU!・・・・・・・・・
ちょっと、いや・・かなり不思議に思ってたんですが
実際、坪単価で何が分かるんでしょうか~
ちなみに
この仕事してる私たち工務店や、おそらくHMさんでも
坪単価で比べてもわかんないと思います。


坪単価ってナニ?という方もいらっしゃるので
書いておきます。

坪単価=工事(契約)額÷坪数 (○○万円/坪)

坪単価は、過去の各一戸ごとの工事額をその家の面積で割った金額です。

設計事務所さんや、工務店(ハウスメーカー含む)は、
過去の実績データから、計画中の家の坪単価を推定して、
あなたサマに提示します。

が、その意味はそれぞれ異なります。のよ(知ってた?)

た と え ば

設計事務所さんはあなたサマの予算をたてる際の参考
「設計坪単価」を提示します
(全部が全部じゃないですよ?そういう場合が多いの意味)

が、

工務店はあなたサマとの工事契約を前提とした
「工事坪単価」を提示します。

ここまで
意味飲み込んでいただけましたでしょーか?
参考価格契約前提の価格では
坪単価の提示内容の密度の濃さは全然違いますよね。


つまり
坪単価は誰にとっても同じ考えで同金額ということはなく、
人によって意味が異なり、金額も異なるワケなんですYO

だから比べてもあまり意味がない。

建築の見積もりって本当に千差万別です。
各工務店が出す見積もりの中でオプションと捉えるもの、
サービスとするもの、
坪単価の考え方までありとあらゆる点で違うんです。

たとえば坪単価25万円だとかなりお買い得感がありますよね、

しかーし
契約後に水道・電気・ガスでさえも
全てオプションで請求する店だったとしたら
住宅として建物が建つまでにはまだまだ費用がカサむわけです。

しかーし、
一方で坪単価50万円で
必要なものはほぼ揃うという工務店もあります。

したがって、その見積もりの中味や
見積もりに書かれていないが予測しうる必須の工事
(地盤改良・第三者機関の検査など)を・・・
お客様が把握して比較する など
至難の業だったりするのです。

だから坪単価で比べて

「あっここ坪単価が安い~♪」

と思って打合せ始めたら
どんどん高くなってく というのはよくあるパターンです。

坪単価で考えさせようとするからいけないんですよね。

この業界の悪いところ だと思います。

だから予算が組めないし、見えないし
一体どれだけ費用がかかるか分からない!不安!
と、いう風に困っちゃうんです。


でも
最近のお客様は、 

「坪単価で比べても深い意味はない」

と、ご存知の方も多く
坪単価・坪単価とおっしゃる方は少なくなりました。



かつまたもブログランキング参加中です
バナー

キラキラ

ポチっと投票おねがいします(^□^)

「土地から探して家造りの丸秘秘訣」メールセミナー(無料)を読む